ホーム  >  サービス  >  ソフトウェア  >  Shibaura SDP

Shibaura SDP

 2020/07/07 更新

学生の皆さんは、Microsoft社の包括ライセンス契約(EES )に基づき、特定のソフトウェアをダウンロードすることができます。
※ソフトウェアをインストールした時点で、条件を理解し、同意したものとみなしております。

 

対象者

学生

対象商品

Windows10
Office Professional Plus
Office Home and Business
IBM SPSS Statistics 26 GradPacks
Norton Security Deluxe
Statistica Ultimate Academic BundleSingle User

※予告なく変更される可能性があります。

利用に関して
  • 芝浦工業大学が提供する個人使用ライセンス(学生)のソフトウェア等(以下、当該ソフトウェア)の利用に際しては、
    各種法令やマイクロソフト社が定める製品使用権、学術情報センターが定める利用案内(運用ルール)を遵守して下さい。

  • 本学学生が個人で所有しているコンピュータ(以下、個人所有PC)には当該ソフトウェアを種類毎(OS、オフィス、開発環境等)に、
    一つのバージョンのみインストールおよび使用することができます。また、当該ソフトウェアを他人に使用させてはいけません。

  • 当該ソフトウェアのインストールおよび使用において生じた問題について、マイクロソフト社および芝浦工業大学、
    Kivuto社は、問い合わせを含む一切の責任を有しません。

  • 以下の項目のいずれかに該当する場合、当該ソフトウェアをインストールした個人所有PCから速やかに当該ソフトウェアをアンインストールします。
    (ア)個人所有PCを破棄、あるいは第三者に譲渡または返却する場合(動作不良で不可能な場合を除く)
    (イ)芝浦工業大学または芝浦工業大学大学院の学籍が、卒業以外の事由により無くなった場合
    (ウ)芝浦工業大学がマイクロソフト社との包括ライセンス契約(以下、包括契約)を更新しない場合
    (エ)個人の責任で不適切な事由が発生した場合

  • インストールメディア購入時に本学から学生使用許諾書の交付を受けた場合やShibauraSDP上のAcceptance Formにて署名をした場合は、
    在学中にインストールした個人所有PC一台のみ、当該ソフトウェア(バージョン固定)を継続して使用することができます。

  • マイクロソフト社の著作権、使用権、商標権等を保護するため、当該ソフトウェアのインストール作業とライセンス管理を適切に行い、
    その全責任は学生個人が負います。

  • 包括契約に基づく個人使用ライセンスの利用に関する個人情報は、その管理業務と本人からの要求に基づく開示の範囲で取り扱われます。

 利用の乗り換え
  • すでにShibauraSDPなどでインストールした他バージョンのソフトウェアがある場合、本ライセンスに基づいたソフトウェアをインストールした時点から、新バージョンのソフトウェアへの乗り換えが有効になります。
  • 同バージョンをインストールした場合も、ソフトウェアの乗り換えとみなします。
  • 乗り換え有効後、直ちに他バージョンのソフトウェア全てをアンインストールし、以降、その他バージョンのソフトウェアのインストールや使用を一切行ってはなりません。
  • 既に、本学から学生使用許諾書の交付を受けている場合やShibauraSDP上のAcceptance Formにて署名をしている場合は、これを新バージョンのソフトウェアに乗り換えることに同意します。
利用方法
  • AMI で 学認 の利用申請をします。
  • ソフトのダウンロード例はこちらを参照してください。
利用期間

在籍中にインストールしたソフトウェアを継続して使用することが可能です。卒業後のバージョンアップや再インストール、使用するコンピュータを変更することはできません。

お問い合わせ先

情報システム課
oshiete@sic.shibaura-it.ac.jp

注意事項

マイクロソフト社が定める製品使用権、学術情報センターが定める利用案内(運用ルール)を遵守
インストールは各自の責任において行う