ホーム  >  サービス  >  ソフトウェア  >   B区分ソフトウェア導入リスト  >  Cygwin

Cygwin

2020/08/08 更新

 

Cygwinは、Windows上で擬似的なUNIX環境を提供するソフトウェアパッケージです。

GNUのオープンソースソフトツール群の中から必要な物を選んでインストールすることができます。

 

対象者 全学生、教職員
区分 B区分ソフトウェア
目的 Windows上に疑似的なUNIX環境を構築する
URL http://cygwin.com/

注意事項

ソフトウェアのインストールは、各自の責任において行ってください。

 

上記のURLからCygwinのダウンロードページへアクセスし、setup-x86_64.exeをクリックします。

 

setup-x86_64.exeがダウンロードされますので実行します。するとこのようなセットアップ画面が表示されますので次へを選択します。

 

Install from Internetを選択し、次へ

 

Cygwinをインストールするディレクトリを選択します。特に変更がなければそのまま次へ

 

パッケージをローカルに保存する場所を選択します。特に変更がなければ次へ

 

インターネット接続方法を選択します。Direct Connectionを選択して、次へ

 

どこのサーバからダウンロードするかを選択します。どのサーバからでも基本的に問題ありませんが、ここでは日本のサーバのhttp:ftp.yamagata-u.ac.jpを選択しました。

サーバを選択して次へ

 

下のような表が表示されます。ここから必要なソフトを選択し、一括でインストールすることができます。

また、同様の手順で後から追加でインストールすることもできます。あまり多くのソフトを選択するとインストールに時間がかかることがあります。

左上のAllのとなりの+マークをクリックするとインストール可能なソフトのカテゴリが表示されます。

 

その中から例えばC言語のコンパイラであるgcc-coreをインストールします。gcc-coreはカテゴリdevel内にあります。Skipとなりの▼を押すとバージョンの番号が表示されます。ここから好きなバージョンを選択します。ソフトの選択が終わったら次へ

 

インストール項目の確認が表示されますので次へ

 

 ダウンロードが開始されます。ダウンロードが終了するとデスクトップにアイコンを表示するか、スタートメニューにアイコン表示するかの質問がされますので不要であればチェックを外して完了

 

デスクトップにアイコンが表示されます。

 

実行するとこのような黒い画面が表示されます。ここでgcc -vとコマンドを入力すると正しくインストールできているか確認することができます。

このように表示されていればインストール完了です。