ホーム  >  サービス  >  研究支援  >  リモート接続可能なサーバー  >  Windowsサーバーリモートデスクトップ接続ガイド(Windows)

Windowsサーバーリモートデスクトップ接続ガイド(Windows)

2020/12/23 更新

 

学術情報センターが管理しているWindowsサーバーにリモート接続接続する方法です。

 

対象者 全学生、教職員
目的 学外から学情センター管理のWindowsサーバーを利用する。
接続ホスト名 ywi.sic.shibaura-it.ac.jp(豊洲・芝浦キャンパス)
owi.sic.shibaura-it.ac.jp(大宮キャンパス)

注意事項

Windowsサーバーにインストールされているソフトウェアは、PC実習室のPCと同様のアプリケーションソフトはインストールされていません。予めご了承ください。

学外から接続する場合は、SRAS VPNを利用する必要があります。

 

Windowsサーバーにリモート接続する方法

  1. 学外から接続する場合は、SRAS VPN に接続します。
  2. デスクトップの検索ボックスに「リモートデスクトップ接続」と入力し、クライアント・アプリを起動します。

    リモートデスクトップ接続の起動

  3. アプリが起動したら、「コンピューター(C):」欄に接続ホスト名を入力し、「接続」をクリックします。接続ホスト名は、
    大宮キャンパスの学生→ owi.sic.shibaura-it.ac.jp 豊洲・芝浦キャンパスの学生→ ywi.sic.shibaura-it.ac.jp です。

    接続ホスト名の入力

  4. 資格情報を要求されますので、学術情報センターの アカウント名@sic を入力し、AMI で登録した Windows/ADFSパスワード を入力して「OK」をクリックします。
    ※間違ったアカウント名が表示される場合は、「その他」→「別のアカウントを使用する」を選択してください。

    資格情報の入力

  5. Windowsサーバーのデスクトップが表示され、画面上部に接続ホスト名が表示されていれば接続完了です。

    接続完了画面