電子メールセキュリティ

 

専任教員・事務職員向けに標的型攻撃対策システム(FireEye/Trellix Email Security)を導入しています。

不審なメールを検知すると、自動的に隔離します。

毎日15:00に隔離通知メールが送信されます。

※ 誤検知をする場合もありますので、隔離メールは必ずご確認ください。

  • スパム判定されたメールは、隔離通知メール内のリンクから解放することが可能です。
  • 隔離されているメールは14日経過すると自動的に削除されます。
  • 隔離通知メールがGmailでスパム判定される場合もありますので、ご注意ください。
  • 特定メールアドレスからのメールが頻繁に誤検知となる場合は、情報システム課までご相談ください。
  • 検知漏れが発生することもあります。受信メールについては常日頃から注意をするよう心がけてください。
  • EmotetやQakbot等の返信型メールを送信するタイプのマルウエアから、隔離通知メールを装ったメールが届く可能性もあります。
  • 不審なメールを受信した際は、SIT-CSIRT( csirt@shibaura-it.ac.jp) へご報告ください。

 

隔離通知の件名: FireEye Email Security - Quarantine Notification for ~

隔離通知メール