2020/10/05 持ち込みノートパソコンの無線LAN接続が不調の場合

大学に持ってきているノートパソコンの無線LANの接続に不調を感じた方は
Windows10のWiFi設定調整 または、以下の1~4を確認してみましょう。


0.アカウントとパスワードを入力しても接続できない

AMI各種パスワード設定で再度SRAS無線LANのパスワードを再登録する。(情報システム課窓口までお越しください)

 

1. WiFiデバイスの省電力設定の無効化

節電モードが有効になっていると、接続が不安定になる。

特にIntelのWiFiは調子悪いことが多い。

 

2.WiFi自動接続の無効化または1つに限定

学内の複数のSSIDを設定している場合は、全て自動接続をOFFにする。または、自動接続を1つだけにする。

SRAS~とかeduroamとか複数のSSIDの接続設定があって自動接続が有効になっていると、電波状況によって接続先のSSIDが勝手に変わってしまう。

5GHzに対応している端末をご利用の場合は、SRAS5Gに接続すると通信が安定いたします。

 

3. ローミング積極性の調整

ローミングの積極性を低にした方が、接続が安定する。

接続先APが頻繁に切り替わる。

 

4.Intel WiFiドライバーの更新

ドライバーが古い場合はWiFi6の新しめのAPに接続できない等、問題がある。