ホーム  > サービス  >  業務支援  >  Syllabus Editor サーバー 簡単利用マニュアル

Syllabus Editor サーバー 簡単利用マニュアル

2021/06/19 更新

 

Syllabuss Editor サーバーは、芝浦工業大学で実施される授業科目のシラバス編集用Webサービスです。

新規の入力のほか、「シラバス検索システム」から過去のシラバスの内容を取り込み、それをもとに編集すること可能です。

サーバー上で編集したシラバスは、ファイルに保存、そのファイルを学生課シラバス担当者に送信することが可能です。

 

 

Syllabus Editor サーバー対応ブラウザについて


 Syllabus Editor サーバーの対応ブラウザは、以下の4種類になります。

1. Internet Explorer (Windows 10では2022年6月15日にサポート終了)          2. Chrome          3. Firefox          4. Microsoft Edge

※最新バージョンをご利用ください。


 

 

1. Syllabus Editor サーバーにアクセスする


Internet Explorer などのWebブラウザを起動し、アドレスに以下のURLを入力してください。

※表示される情報について不明な点がある場合は、学生課、大学院課までお問合せ下さい。

   学生課    (大宮キャンパス):ogakusei@ow.shibaura-it.ac.jp

                            (豊洲キャンパス):tgakusei@ow.shibaura-it.ac.jp

                            (芝浦キャンパス):sgakusei@ow.shibaura-it.ac.jp

   大学院課                              :daigakuin@ow.shibaura-it.ac.jp

 

2.編集するシラバスを選びます


  担当科目のシラバス一覧から編集する科目を選択します。

3.過去のシラバスを取り込む

 昨年度に同じ科目のシラバスがある場合、シラバス検索システムからその内容を取り込むことが出来ます。


 

※ご注意ください: 

 2017年度以降のシラバスは、新たな必須入力項目が

 追加になっているため、過去のシラバスの取り組み時には、

 必ず入力エラーが表示されます。

 該当箇所は、入力時に追記をお願いします。

 

 

 

 

 

4.シラバスを入力する

 昨年度に同じ科目のシラバスがある場合、内容を引き継いで表示しています。また、今年度から新たに設定されている項目については、「シラバスガイド」などをご確認の上、入力をお願いします。


 

「自動保存」について

 編集中は、内容を3分おきにサーバに自動で保存していますが、編集を一次中断するなどの場合、内容が消えてしまう可能性もあります。学生課にデータ送信前に再度編集する場合は、必ず「シラバスをダウンロード」(本マニュアル【5. その他の機能 b-1.「ダウンロード」-「シラバスをダウンロードする」】)して、ご自身のパソコン等にファイルを保存してください。

 また、再編集時は、そのファイルを「取り込み」(本マニュアル【5. その他の機能 c-1.「取り込み」-「ダウンロードしたシラバスを取り込む」】)してください

 

登録について

自動保存で編集内容はサーバに保存されますが、最終的には、学生課へメールで送信した内容のみシラバスとして登録します。シラバスの編集が完了した際は、必ず、【5.入力したシラバスを送信する】の手順を行って下さい

 

 

5.入力したシラバスを送信する

 入力したシラバスデータをシラバス担当者へ送信します。また同時にご自身のパソコンにもファイル保存します。


 

 

6.その他の機能

 あたらしいシラバス編集画面の「編集メニュー」のその他の機能を紹介します。