ホーム  >  サービス  >  ネットワーク  >  SRAS  >  SRAS 情報コンセント

SRAS 情報コンセント 

 Updated 2022/06/13

 

SRAS有線LANは、PCルームや各教室の教卓などに設置されたLANポートから、キャンパス内のネットワークに接続するサービスです。

対象者 すべての学生、施設
Activation

AMI 

利用可能場所

豊洲・大宮キャンパスの各PCルーム(教員席・学生席)、一般教室(教卓)でSRAS有線LANが利用できます。
LANケーブルは、教卓にあります。(LANケーブルは、情報システム課のカウンターで販売しています。)

利用条件

USB-LAN変換アダプターをご用意ください。

ガイド

Windows10 / MacOS

Windows11

Windows10用
設定バッチファイル

バッチファイルをDownload

IEEE802.1x認証自動設定バッチファイル(Window10) 
※ダウンロードしたファイル名の txtbat に変更して右クリックで「管理者権限で実行」してください。

注意
  • SRAS情報コンセントの利用には、事前に  AMI で「SRAS無線LAN/情報コンセント」の申し込みが必要です。
  • 接続するパソコンのOSがWindowsの場合、Windows Updateを適用してください。
  • 情報コンセントを使用する場合は、IPアドレスを自動で割り当てる設定が必要です(下図参照)。
  • 研究室などで固定IPv4アドレスが設定されている場合、自動で割り当てられるDHCPアドレスに変更する必要があります。
    研究室内でも自動割り当てを利用したい場合は、 Infoblox Operation Manualの「2-8. DHCPアドレスプールについて」をご参照ください。

Windowsメニューの右クリック>ネットワーク接続>イーサネットのアイコンを右クリック>プロパティが表示されます。 

「IPアドレスを自動的に取得する」「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」を選び、「OK」をクリックします。