ホーム  >  サービス  >  印刷  >  印刷機器  >  HP Designjet Z5600ps インストールガイド(Windows)

HP Designjet Z5600ps インストールガイド(Windows)

2020/6/8更新

 

対象者 全学生、全教員
注意事項
  • インストールは、各自の責任において行ってください。
  • インストールのサポート、インストール後のコンピュータの不調、トラブル等のサポートは、学情センターは行いません。
  • インストールは、管理者権限のあるユーザアカウントを使ってください。

 

1.ここへアクセスします。※リンクは予告なしに変更になる場合があります。
「ソフトウェアおよびドライバーの結果」ページで「検出されたオペレーティングシステム」が正しいことを確認します。

 


2.画面を下へスクロールして「ドライバー製品インストールソフトウェア」内の「基本ドライバー」の中からインストールしたいドライバーをダウンロードします。

HPGLドライバー→ 「HP Designjet Z5600 44インチ PostScript プリンター HP-GL/2ドライバー」
PostScriptドライバー→「HP DesignJet Z-Series PS3 ドライバー」

 

 

3.ダウンロードした圧縮ファイルを右クリックで「すべて展開...」します。

4.「スタート」メニューから、「設定」を選びます。

 

 

5.「デバイス」をクリックします。

 

 

6.「プリンターとスキャナー」を選び、「プリンターまたはスキャナーを追加します」を選びます。

「プリンターとスキャナーを検索しています...」が表示された後に現れる「プリンターが一覧にない場合」クリックします。

 

7.「TCP/IPアドレスまたはホスト名を使ってプリンターを追加する」を選び「次へ」をクリックします。

 

8.「ホスト名またはIPアドレス」「ポート名」を入力し、「次へ」をクリックします。

ホスト名またはIPアドレス:dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp
ポート名:dspl2.sic.shibaura-it.ac.jp_Z5600


9.TCP/IPポートの検出ウインドウがしばらく表示されるがそのまま待ちます。

 

10.「カスタム」「設定」ボタンをクリックします。

 

11.「LPR」を選び、「キュー名」蘭には「Z5600_学情センターのユーザーログイン名」を入力します。
「LPRバイトカウントを有効にする」にチェックを入れる。「OK」ボタンをクリックします。

 

12.「次へ」ボタンをクリックします。

 

13.「ディスク使用」ボタンをクリックし、「参照」ボタンをクリックします。

 

14.3.で解凍したフォルダ内から 拡張子が「.inf」 ファイルを選択し「開く」ボタンをクリックします。

※ドライバーのバージョンによって変更になります。


15.「OK」ボタンをクリックします。

 

16.「プリンター」一覧から「HP DesignJet HPGL2 Driver」を選び、「次へ」ボタンをクリックします。

 

17.「プリンター名」欄に分かりやすい名前を入力する。「次へ」ボタンをクリックします。

 

 

18.プリントジョブをここで確認します。※自分のユーザー名が表示されていれば正しくプリントジョブがサーバに送られています。

19.印刷機器へ移動 > 機器の液晶画面に従いプロッター用紙をセット > カードリーダーにICカード(学生証、職員証)をかざす > コントロール画面の「印刷」をタッチ > プリントジョブの「白黒」又は「カラー」ボタンをタッチします。印刷されると完了です。