ホーム  >  サービス  >  業務支援  >  PHS  >  PHSに代わる連絡方法

出張・学会先でのPHS(070ではじまる公衆回線)に代わる連絡方法
2021/02/15 更新

白いPHSは今までオフィスと公衆と外に持ち出しても内線外線にかけることが出来ましたが、2021年2月1日より外に持ち出して使用することが出来なくなりました。
※大学内で内線外線に使用することは(2022年11月まで)できます。
出張・学会先で白PHSに代わる連絡方法をご紹介します。

 

対象者 教職員
目的

PHS公衆サービス終了(2021年1月31日)および、内線サービス終了(2022年11月)に向けて、それに代わるアプリケーションやサービスの紹介

問い合わせ

お問い合わせタイトル:PHSに代わる学外での連絡方法について
宛先:goiken@sic.shibaura-it.ac.jp (情報システム課)

固定電話のお問い合わせ:固定電話について
宛先:shisetsu@ow.shibaura-it.ac.jp (施設課)

注意事項

  • 学内の教員職への通話はTeamsをお使いください。
  • モバイルチョイス050は、着信履歴から電話をかけてしまうと、自分の携帯番号から相手にかけてしまいます、ご注意ください。
  • モバイルチョイス050の番号からは 特番(0120や110、119等)に対しては発信できません。
  • 白PHSの 機能設定>通信>待ち受けモード>オフィス の設定にすると電池の持ちが少し良くなります。

 

 

 

PHSで変わらない連絡方法
(大学構内のみ可能)

PHS(070ではじまる公衆回線)に代わる連絡方法

 
大学組織内・組織外の人と連絡方法 大学組織内の人との連絡方法 出張・学会等で学外で連絡する方法
白色PHS・銀色PHSで通話 Microsoft Teamsで通話 モバイルチョイス050で通話

白色PHS・銀色PHSは2022年11月まで大学構内で利用可能です。

大学構外へ持ち出して利用ができません。(2021年2月1日~)

※ネットワーク通信可能環境の場所で学内の人と連絡する場合に活用してください。

【Teamsの活用】

  1. Teamsとは
    マイクロソフト社製のビジネスチャットのツールで、Office 365 のサービス各種と連携する機能を持っており、業務をより円滑に進めるためのワークスペースを提供するツールへと進化しています。
    これを個人のスマートフォンに Microsoft Teams をインストールし、Teams のアプリケー ション上で、本学内のユーザーと通話やメッセージ、ファイル共有等のコミュニケーションを取ることが出来ます。

  2. Teamsのダウンロード&インストール
    Microsoft Teams_音声通話マニュアル
 

※ネットワーク通信可能環境の場所で学内の人と連絡する場合はTeamsを活用してください。

【モバイルチョイス050の活用】

  1. モバイルチョイスとは
    個人のスマートフォンや携帯電話を使って、PHS内線番号を変えることなく、学外(出張先、テレワーク)で使った分の「通話料」を自動的に使い分けできるサービスです。


  2. AMIから利用申請

     申請ガイド

  3. メールを受け取ると利用可能になる

     モバイルチョイスガイドサイト
     ダウンロードサイト

  4. 内線PHSの転送設定
    出張・学会に行く際に、モバチョ050番号または個人の携帯番号に自分の内線番号にかかってきた電話を転送する方法です。
    ※自分のモバチョ050番号を知らせておく必要がなくなります。

     内線PHSの転送設定

固定電話が研究室に設置されていない場合は、施設課にご相談(依頼)ください。

施設課:shisetsu@ow.shibaura-it.ac.jp