EESの利用規約

2020/6/12 更新

 

本学では、マイクロソフトEES を締結し、全学的にマイクロソフト社製品が利用できます。
利用対象となるソフトウェア、および、利用に関しての資格、方法、禁止事項等については、以下のとおりです。

規則を厳守して有効に利用してください。

利用資格

本契約は以下を対象とします。ただし、ソフトウェアの種類、提供方法の違いにより利用範囲は異なります。

  1. 教職員:専任教員、非常勤講師、研究員、専任職員、特定職員、臨時職員、派遣職員
  2. 学 生:大学院生、学部学生、研究生、科目等履修生
  3. 卒業生
利用資格の停止
  1. 教職員:退職、停職、契約期間終了
  2. 学 生:退学、休学、除籍、研究・履修期間終了
利用方法 利用資格、ソフトウェアの種類、提供方法により異なります
禁止事項
  • 取得したインストールデータ等は、許諾された以外の利用をしてはいけません(インストールのみ認められます)
  • 取得したインストールデータ等を第三者に提供してはいけません
  • 本学が 契約を破棄、または終了した場合、すべてのユーザはインストール済みのソフトウェアを削除しなければいけません
※禁止事項が遵守されなかった場合、学則および就業規則に則って処分されることがあります
支援
  • 取得したインストールデータ等からのインストールは、各自の責任で行って下さい
  • 学術情報センターおよび図書館でのインストール支援は一切行いません。また、マイクロソフト社の無償サポートを受けることはできません
利用対象ソフトウェア 提供方法により異なります