ホーム  >  サービス  >  授業支援  >  PC実習室  >  席取り対策実施について

席取り対策実施について

2020/08/06 更新

 

学術情報センターでは、「席取り」対策を平成17年4月1日(金)より実施することになりました。

20分以上の「コンピュータのロック」、長時間の「荷物による占有」を「席取り」行為と判断し、「自動ログオフ」、「荷物の回収」を行います。
長時間席を離れる場合は、必ずログオフし、荷物を持って離れてください。

 

 

目的

 

下記の効果を目的として実施します。

盗難を防ぐ 「席取り」対策を実施することにより、荷物の放置を減らし、盗難を防ぎます。
占有利用を防ぐ 台数に限りがある実習室コンピュータの占有利用を防ぎます。
授業に使用する台数を確保 「席取り」行為により、履修者が授業を受けられなくなるのを防ぎます。

 

 

コンピューターロックの対策手順

 

1.20分以上の「コンピュータのロック」をチェックする
2.現場を確認する
3.「自動ログオフ」を実行する
4.放置された荷物は「忘れ物」として学情センター事務室に回収する
5.引取りのない忘れ物は、翌朝10:00に学生課へ移動する

 

 

荷物による席取り対策手順

 

1.現場を確認する
2.放置時間をチェックする
3.20分以上の放置荷物は「忘れ物」として学情センター事務室に回収する
4.引取りのない忘れ物は、翌朝10:00に学生課へ移動する

 

 

注意事項

 

下記の注意事項をよく読み、「席取り」行為をしないよう心がけてください。

義務違反と判断 ログオン状態での長時間の離席は「芝浦工業大学学術情報センターネットワーク利用規程 (禁止事項)」に当てはまる行為と判断され、ユーザーの義務違反となります。これによる事件、事故が発生した場合、処罰を受ける恐れがありますので必ずログオフしてください。
データのへの影響 「自動ログオフ」を実施した場合、作成途中であったデータは保存されず終了します。 保存されずに終了したデータについて学情センターでは責任を負いません。
荷物の紛失 実習室内での荷物の管理は自己責任によるものとし、荷物等の紛失が発生した場合、学情センターは責任を負いません。忘れ物として回収した荷物は、学情センターで中を調査することはしません。