ホーム  >  サービス  >  印刷  >  印刷用紙  >  布ロール紙の使用について

布ロール紙の使用について

2020/09/07 更新

 

Z5600PSは布ロール紙に印刷することができます。布ロール紙は、バナーや学会発表資料などを折り畳んで持ち運ぶなどの用途に使えます。
故障の原因を回避するため、日本HPで検証されたロール紙をお使いただき、以下の正しい操作方法でご使用下さい。

 

 

 

 

布ロール紙選び

 

ソフトクロス(布)ロール紙、不織布ロール紙を使用する場合は、Z5600PS本体付属の カッターが壊れてしまうため「自動カッターを無効にする」にチェックを 入れ手動(カッター)でカットして下さい。

 

 

 

布ロール紙を使用する場合は自動カッターを無効にする

 

ソフトクロス(布)ロール紙、不織布ロール紙を使用する場合は、Z5600PS本体付属の カッターが壊れてしまうため「自動カッターを無効にする」にチェックを 入れ手動(カッター)でカットして下さい。

 

ソフトウェアで印刷を指示し、「プリンター」を選び「プリンターのプロパティ」を選びます。

 

「機能」を選び、「自動カッターを無効にする」を選び、「OK」を選びます。

 

「印刷」を選びます。

 

印刷後に手動(はさみ又はカッター)で用紙をカットします。

 

 

 

プロッター側の用紙選択について

 

彩dex200/ セーレン(株)を使用する場合は、プリンタ取付時の用紙設定:「HP厚手コート紙」をお選びください。

 

 

 

ホットカッターを使ってカットする(ホツレを防止)

 

布ロール紙は種類によってほつれるため、ホットカッター(ヒートカッター)を使って端をカットされることをお勧めします。
※学情センターにはホットカッターはありません。