ホーム  >  サービス  >  ソフトウェア  >  C区分ソフトウェア導入リスト  >  SPSS

SPSS

2021/04/30 更新

SPSSは、統計ソフトウェア・プラットフォームです。使いやすいインタフェースでデータの分析を行うことにより、深い理解・問題解決の手助けとなります。

 

利用可能対象者 C区分ソフトウェア導入リストを参照してください。
区分 C区分ソフトウェア
目的  データ分析
URL https://www.ibm.com/jp-ja/products/spss-statistics 

ダウンロード
サーバー

Windows: \\download2.sic.shibaura-it.ac.jp\download

ダウンロードサーバーへの接続ガイドについてはこちらをご覧ください。

注意事項

ソフトウェアのインストールは、各自の責任において行ってください。コンピュータのインストールによる不調による修正、インストール代行は学情センターは一切行いません。

ライセンス数には上限がありますので必ず担当教員の指示の元にインストールを実施してください。

 1.ダウンロードサーバーへの接続

ダウンロードサーバーへの接続についてはこちらをご覧ください。

サーバー名: \\download2.sic.shibaura-it.ac.jp\download

 

2.セットアップファイルの実行

SPSS→Ver26→Windowsと移動し、以下のファイルをエクスプローラー内で実行してください。

ファイル名:IBM_SPSS_STATISTICS_CLIENT_26.0_M.iso

 

 

 移動先のDVDドライブで、Windowsディレクトリ内にあるsetup.exeを実行します。

 

3.インストール

setup.exeを実行すると以下のウィンドウが開かれますので、「IBM SPSS Statistics 26 のインストール」を選択してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内容を確認し、「次へ」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

利用条件を確認・同意し、「次へ」をクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「IBM SPSS Statistics - Essentials for Python」をインストールするか選択してください。選択後、「次へ」をクリックしてください。

(「はい」を選択した場合、IBM SPSS Statistics - Essentials for Pythonに関する使用許諾契約書および使用条件の確認が必要になります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インストール先を選択し、「次へ」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「インストール」をクリックするとインストールが始まります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「完了」をクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SPSSを起動すると以下のウィンドウが開かれるので、「同時ユーザーライセンス」を選択して「次へ」をクリックしてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ライセンスマネージャ」に  spss.sic.shibaura-it.ac.jp  と入力し「次へ」をクリックします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「終了」をクリックして起動をご確認ください。

※ライセンスサーバに接続するため、学内ネットワーク環境に接続しておく必要があります