ホーム  >  サービス  >  授業支援  >  オンライン授業  >  オンライン授業のハウリング対策

オンライン授業のハウリング対策

2020/10/09 更新

 

2020年度後期授業より、学生が持ち込みPCやスマートフォン等を利用して教室でオンライン授業を受ける場合があります。

 

対象

学生、教員

目的

授業を受ける方法が複数発生することにより、持ち込みPCやスマートフォン等で発生するハウリングを防ぐ

授業スタイル
  • 大学へ登校して教室で複数人とオンライン授業を受ける
  • 教員が授業を行う部屋とは別に用意された部屋で複数人とオンライン授業を受ける
  • 自宅で一人でオンライン授業を受ける
  • 大学の休憩スペースを利用してオンライン授業を受ける
ガイド  教室での対面・オンライン併用時のハウリング対策-20200912
注意事項
  • ヘッドフォンを持ってきてください。(学情センターではヘッドフォンの貸し出しは行っておりません)
  • オンライン授業の音を持ち込みPCやスマートフォン等から漏らさないでください。

 

ハウリングが起きる原因

教室内で同じオンライン授業に参加してる端末が2台以上アリ、1台の端末の音を他の端末のマイクが拾うとハウリングが発生します。

 

 


学生は複数個所から授業に参加して
ブレイクアウトルーム  を

 

 使わない 

 

 

 使う 

 

 使わない 

 

 使う 

教卓Zoom

+

学生宅Zoom

教卓Zoom

+

学生宅Zoom

教卓Zoom
別教室Zoom

+

 学生宅Zoom

教卓Zoom
別教室Zoom

+

学生宅Zoom

教室内に2台以上Zoom端末がない場合は
ハウリングは発生しない
 教室内に2台以上Zoom端末がない場合は
ハウリングは発生しない
 同じ部屋で2台以上端末がある場合は、
ヘッドフォンを使用し、音を漏らさない
同じ部屋で2台以上端末がある場合は、
ヘッドフォンを使用し、音を漏らさない