ホーム  >  サービス  >  情報セキュリティ  >  ウイルス対策ソフト  >  Sophos Anti-Virus

Sophos Anti-Virus

2021/06/25 更新

 

本学(学術情報センター)では、ウィルス対策ソフト Sophos Anti-Virus の使用について、Sophos社とサイトライセンス契約を結んでいますので、学内LANに接続している(SRAS接続を含む)、又は学外にてインターネット接続するシステムに、SAVをインストールしてご使用いただけます。

また当サービスはサイトライセンスソフトウェアであるため、永続的な提供や保証はしません。ユーザーの卒業、退職した時点で、当サービスの利用もできなくなります。

 

Sophos Anti-Virusとは?

SAVはコンピュータウイルス等(以後、ウイルス等)の侵入からコンピューターシステム(以下、システム)を守ったり、侵入したウイルス等を駆除するためのアプリケーション・ソフトウェアです。

あなたが使用するシステムを守ることは、他のシステムに被害を及ぼす事も防ぎますので、学内の総合的なセキュリティー対策の1つとして、あなたのシステムでのSAVの使用をご検討下さい。

用語解説:

  • SAV = Sophos Anti-Virus
    • Sophos Anti-Virus のソフトウェア本体です。
  • SAU = Sophos AutoUpdate
    • SAV本体とウィルス定義ファイルを、リモートサーバーを経由して自動更新するプログラムです。
  • 配布・更新サーバー
    • 学内LAN上にあるシステム向けに、SAVのパッケージを新規に配布したり、更新モジュールや定義ファイルを提供する専用サーバーです。

 

対象となるシステム

  • 学内LANに接続されたシステム(SRAS{無線LAN,VPN}接続を含む)。
  • 学生又は教員が、学外にて教育・研究目的に使用するシステム。
    • SAVの更新サーバーに対し、学外からHTTP接続/認証を行います。

 

ガイド

Windows

 Sophos Anti-Virusのインストール(Windows)

 Sophos Anti-Virusのアンインストール(Windows)

MacOS

 Sophos Anti-Virusのインストール(MacOS)

 Sophos Anti-Virusのアンインストール(MacOS)