ホーム  >  サービス  >  授業支援  >  ScombZ

ScombZ

2022/03/16 更新

 

本学の学生および教職員向けのポータルサイトです。
各部署からのお知らせの参照、学内Webサービスへのリンクを集約しています。また、LMS機能も包含しており、すべての科目のLMSページを自動で作成されます。
科目の資料、課題、テスト、アンケート、Community(作成依頼が必要)を活用することができます。

 

!ScombZの注意!

  • ScombZに関するおしらせには、臨時メンテナンスや障害情報を掲載しています。
  • オンライン授業ではScombZを活用します。ScombZにアクセスできない時のために「バックアップガイド」を確認してください。
  • ScombZを使ったテストの注意」(テスト受験時の注意事項)を確認してください。
対象者 全学生、教職員 
目的 授業支援、業務支援 
URL https://scombz.shibaura-it.ac.jp  
FAQ

ScombZのFAQ

障害情報 こちらを参照してください 

ガイド

 

【学生向け】

LMSの主な使い方

旧Scombとの違い

【教員向け】

LMSの主な使い方

Community(コミュニティ)授業以外の活動

ScombZを使った
テストの注意

【学生向け】

  • テスト受験時の注意事項 を確認
  • テストを受けるPCの時間が合っているか確認
  • 無線LAN接続不良を防ぐため、無線LANの切断/接続をして近くのアクセスポイントに接続する(WiFiの推奨設定
  • テストの開始と終了時間の確認
  • テストを受ける際に開くScombZは1ページとして、複数の端末の利用、複数タブや別ブラウザでは同時にScombZを開かない。(空ページの回答が自動送信され回答が空で上書きされる可能性もあります)
  • プライベートブラウズやシークレットモードなど、過去のキャッシュが影響しない環境を使う
  • テスト中はブラウザの戻るボタンやマウスの戻るボタンを押さない(入力したデータが消える場合があります)
  • 長時間表示されていたページは無効(タイムアウト)になるのでテストを開始したまま放置しない

【教員向け】

学生より何らかの障害のためテストを提出できなかった、受けることができなかった等の申し出があります。
このような不測の事態の準備を事前に準備をお願いします。

 

ScombZにトラブルがあった場合の
バックアップガイド

 

【学生向け】

ScombZへのアクセスが集中して、授業当日にアクセスできない可能性を考え、準備と対応を確認しておきましょう。

 

◆授業用メーリングリストからの連絡(受信のみ)
授業担当教員またはTAからお知らせが届く可能性があるため、Gmailを使えるようにする

 

◆Zoomを利用した授業中の場合は、Zoomのチャット機能を利用する

 

◆課題提出フォルダ(シェアフォルダ)
授業担当教員またはTAから資料が配布される可能性があるため、課題提出フォルダは接続できるようにする
※シェアフォルダはSRASVPN接続が必要です。

 

◆Googleドライブ

授業担当教員またはTAから資料が配布される可能性があるため、Googleドライブを使えるようにする

 

【教員向け】

ScombZにトラブルがあった場合のバックアップを確認しておきましょう。
※緊急時の連絡方法をあらかじめ学生にお知らせしておきましょう。

 

◆授業用メーリングリストを使ってメールを出す

 

◆Zoomを利用した授業中の場合は、Zoomのチャット機能を利用する

 

◆課題提出フォルダ(シェアフォルダ)を使って資料を配布する
※シェアフォルダはSRASVPN接続が必要です。

 

◆Googleドライブを使って資料を配布する

お問い合わせ

お問い合わせの前に、ScombZのFAQ をご覧ください。

教員:goiken@sic.shibaura-it.ac.jp 
学生:oshiete@sic.shibaura-it.ac.jp

※oshieteへのお問い合わせは学生スタッフが返信いたします
※ お問い合わせの際は、所属、氏名、連絡先の他、ユーザID、対象科目、利用環境(OS名(バージョン)、ブラウザ名(バージョン))、Scombを利用した日時、行った操作の詳細などの情報をお知らせください。